EA「トワイライト」を検証してみた -概要-

 

twilight_orignal

気になってたEA

このEA「トワイライト」ですが、すごく気になってました。

執筆現在、fx-onの人気EAランキングでも上位にランクインしており、fx-onで公開以降フォワードも順調に伸びてますし、EAの説明を見ても魅了されます。

トワイライト
5通貨ペアで同時に使える革新的な朝スキャル
5通貨ペアで同時に使える革新的な朝スキャル?|?fx-on.com

なので、この以前から気になってたEA「トワイライトをザクッと検証してみました。

どんなEAなの?

まず、トワイライトの概要です。

通貨ペア [GBP/USD]・[EUR/USD]・[EUR/JPY]・[GBP/JPY]・[USD/JPY]
トレードスタイル デイトレード・スキャルピング
時間足 5分足 
ポジション数 1ポジション ※各通貨ペアごと
利確 / 損切り 10pips / 50pips ※内部ロジックによる損切りあり
備考 早朝時間帯のスプレッドが狭いブローカー推奨
開発者 FX貴族

5通貨ペアで使える朝スキャル

ドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円の合計5通貨ペアにおいて同時に稼働する朝スキャルEAです。稼働させる足は5分足となります。完全同一ロジックながら、全ての通貨ペアで右肩上がりの成績を実現。特定の通貨ペアに最適化することなく、圧倒的なロジックの優位性を証明しています。複数ペアに分散投資するため、成績も安定しやすく、収益力の向上とリスクの軽減にもつながります。

早朝の時間帯を狙って逆張りエントリー

「朝スキャル」とは、日本時間早朝の時間帯にレンジ相場を形成しやすいことを利用した手法です。レンジの上限・下限で逆張りエントリーすることで、安定して利益を獲得します。すでに多くの書籍やEAにより優位性が示された有名なロジックであり、安心してご利用いただけます。スプレッドが広がりやすい月曜早朝と金曜深夜はエントリーを控え、リスク回避のために週末のポジション持ち越しはしません。

過去12年のバックテストで12,000回以上の取引回数

一般的なEAは週に1回もエントリーすればいいほうですが、トワイライトは独自のロジックと5通貨ペア同時稼働によって、ほぼ毎日エントリーを行います。12年9ヶ月で約12,000回以上の取引結果があるため、バックテストの統計的な信頼性が非常に高く、多数の取引により結果が収束しやすい(=大数の法則)ことから、リアル運用での成績も安定します。始値を基準にエントリー/決済することで、バックテストの再現性をさらに高めています。

損切りは狭く、1ポジション固定で使いやすく

朝スキャルの大先輩である『White Bear Z USDJPY』では利益確定が7pips、損切りが60pipsですが、『トワイライト』の利益確定は10pips、損切りは50pipsであり、リスクリワード(損切り/利益確定)比率が高いことがお分かりいただけると思います。さらに、ポジションも通貨ペアごとに1つしか持たないので、リスク管理が容易で初心者にも扱いやすいEAです。好みに応じて通貨ペアを選択したり、更に損切りを狭くしても運用可能です。

ナンピン・マーチンゲール不使用

言うまでもないことですが、ナンピンやマーチンゲールといったリスクの高い手法は一切使いません。「優位性のあるロジックは、ロット固定でも利益が出せる」という信念に基いてEAを設計しています。決して派手な勝率、PFではありませんが、きちんと損切りを入れて、時にはマイナスを出しながらもトータルで安定して利益を出すことを目指しています。

「トワイライト」について

完全同一ロジックで複数通貨ペアにおいて右肩上がりの損益曲線を出せるEAは少ないです。

しかも、このトワイライトの場合は、各通過ペアごとに最適化されたセットファイルが用意されているということもなく、対象通過ペア全てデフォルト設定のままで右肩上がりで稼動できるのには驚きました。

さらに、FX貴族さんによると対象通貨ペア以外のペアでも優位性が確認できるとのこと。これについても後々検証してみようと思います。

あと、取引回数が多いのも特徴です。

FX貴族さんが「大先輩の」とコメントしている、ラッコさんが開発されたレジェンドEA「White Bear Z USDJPY」は、本当にフォワードも良く堅牢なロジックでトレードしてくれます。ただ、トレード頻度が少なくて、MT4にEAをセットしても稼動してるのかどうか不安になるくらい少ないです。

それに比べて「トワイライト」は過去12年9カ月で12,000回以上トレードし、日数で割ると1日平均約2.6回トレードすることになります。

実際に私も「トワイライト」を購入して稼動していますが、1日平均2~3回のトレードを確認できています。

また、リスクリワードについてもFX貴族さんがコメントされていますが、利確/損切りが10pips/50pipsとなっており、一度の損切りを5回の利確で取り戻せる設計になっています。それに比較して「White Bear Z USDJPY」は損切りを取り戻すのに9回の利確が必要です。

こう書いていると、どうしても「White Bear Z USDJPY」が劣っている様に見えてしまいますが、決してそうではありません。フォワードでも示されていますが、長期にわたって負けにくく、確実に利益を獲得してくれるとても素晴らしいシステムです。ですが、朝スキャEAと言えば「White Bear Z USDJPY」が一番に頭に浮かんでくるくらいのレジェンドなEAで、比較対象にさらされるのはある種の有名税みたいなものだと思うので仕方ないかと思います。

スキャルピングスタイルは総じてコツコツドカンになりやすく、一度損切りすると取り戻すのに時間がかかる傾向にあります。

しかし、「トワイライト」は、リスクリワードのバランスと、圧倒的な取引量の多さから、割と短い期間での回復が見込めます。

「コツコツぽこん」と言ったところでしょうか。

あとは、ナンピン・マーチンゲール不使用、同通貨ペアにおいて両建てなし、始値で動くタイプであることなど、EAを稼動するにあたって安心設計となっていることがわかります。

でも、お高いんでしょう?

執筆現在\10,500円です。フォワード期間が”2017年6月7日~”と短いということで現在の価格設定にされている様ですが、EAの内容からするとかなり安いと思います。

FX貴族さんのコメントによると、12/20(水)には値上げ予定とのことなので、私と同じく気になってた方は早めの購入をお勧めします。

トワイライト
5通貨ペアで同時に使える革新的な朝スキャル
5通貨ペアで同時に使える革新的な朝スキャル?|?fx-on.com

概要が長くなっちゃいましたので、改めて本題の検証記事をアップします。

では^^

 - EAの検証&レビュー, 気になるEA気になる , , , ,