気になるEAを検証!自作EAもやってくよ!

【WIN-VPS.com】プラン内容が変わってました。

 
winvps_NEWbronzeplan
この記事を書いている人 - WRITER -
今までいろんな小遣い稼ぎを実践してきました。最終的にMT4でEAを稼働させる運用方法に落ち着きました。EAを自作したりもしています。気まぐれにサイトの更新が止まったりしますが、メッセージいただければかなり喜びます。よろしくお願いいたしまーす。
詳しいプロフィールはこちら

仕様が少し変更

おはようございますー、miccoです^^

私が実際に使っているお勧めのコスパ最強のVPSWIN-VPS.com」ですが、仕様が少し変わっていました。私としては良い感じに変更されていると思うので、どこがどう変わったのかまとめてみました。

BRONZEプランの変更点

MT4でEAを稼働させる程度の負荷であればSILVERプランほどのスペックは不要です。

実用的でちょうどいいプランは、私も実際に2年近く使っていて、現在までトラブルもない「BRONZEプラン」です。

logo_winvps

今回は「BRONZEプラン」にフォーカスして変更点をまとめました。

OSのライセンス料が別途必要に

まず大きな変更点は、従来のプランでは運営側が提示する月額または年額のサーバー利用料だけで足りましたが、今回の仕様変更で「OSのライセンス料」が別途必要になりました。

以下の表をご覧ください。(画像クリックすると別窓で大きくなります。)

winvps_bronzeplan

年払いの月額相当額で説明を進めます。

従来の仕様だとBRONZE 1で月額相当額は$7でした。

現在の仕様を見ると、「年払いで月額相当額$3」と半額以下になってる様に見えます。

しかし、申し込もうとORDERをクリックすると以下の画像の様に、支払い期間を選択するプルダウンメニューの下に、OSを選択するメニューがあり、そこをクリックするとOS利用料が記載される様になりました。

winvps_NEWbronzeplan3

私が現在使用しているOSがWindows Server 2008 R2です。

これの年間ライセンス料が$60です。月額に直すと$5のライセンス料が別途必要になりました。

つまり、冒頭で記載されていた「年払いで月額相当額$3」に加えて「年間ライセンス料 月額相当額$5」が必要なので、合計で月額相当額は$8になります。

従来の仕様では月額相当額は$7でしたので、+$1の差です。

これでRAM(メモリ)が増えていれば問題無いのですが、BRONZE 1に関してはメモリは4GB→2GBに減っています。しかし、CPU powerは1800MHz→2000MHzにアップしていますね。

メモリが2GBでも、MT4でEAの稼働をさせる程度でしたら十分動きますので、この辺は使用される方の好みの問題になってきます。

メモリ4GBのプランがなくなった

私が使用しているプランが従来の「BRONZE 1」で、「SSD 80GB、RAM 4GB」という、MT4でEAを稼働させる程度の負荷ならこれくらいでちょうど良いスペックです。

しかし、この度の仕様変更でこのプランがなくなりました。

その代わり「BRONZE 2」がメモリ4.5GB→5GBに、それとCPU powerが2000MHz相当→2000MHzにスペックアップしています。

肝心の価格はと言うと、年払いのライセンス料を含んだ月額相当額は$11になり、従来よりスペックアップした分、+$2になりました。

それでも日本円で1,215円(2018/8/22 0:01現在$1=110.48円)になります。

SSD 100GBメモリ 5GBCPUがCore E7-4830というスペックで、月額1,215円てかなり安いですよね!

正直私が使っている従来プランより、少しだけ月額相当額は上がりますが、現在仕様の「BRONZE 2」もしくは、「BRONZE 3」に乗り換えたいと思いました。

表にまとめてみた

文字だけでズラズラ書いても分かり辛いと思うので表にしてみました。

winvps_newplan

改めて表を眺めてみると、やはり「BRONZE 2」か「BRONZE 3」バランスが良いですね^^

月額相当額がメモリ 5GBで1,215円か、メモリ6GBで1,436円です。

しかも当然ですが、使用している海外ブローカーのサーバーのすぐ近くのVPSサーバーが使えます。ブローカーにリージョンを合わす事でレイテンシも上がります。一桁msの通信速度でトレードができ、スキャルピングトレードに優位な環境を手にすることができます。

そして、どちらのプランの価格・スペック共に、国内VPS業者の同等スペックの月額使用料と比較しても圧倒的に破格で高スペックです。

miccoの太鼓判です^^

注意する点

プラン変更しても、現在の設定等をそのまま移行できるのか?

という質問をサポートに投げかけてみました。

回答を要約すると「それはできないんだ。1から設定する必要があるよ。」との事でした。

ということで、もしお試しで1カ月だけ使ってみようと思われた場合、ガッツリとWindowsに自分好みの設定してしまうと、継続して使おうと年払いのプランに変更すると、また1から設定し直さないといけないので、すごく面倒くさいことになります。

ですので、どうせなら思い切って年払いで登録することをお勧めいたします。

実は私、この仕様変更に1カ月前に気付き、プラン変更したくてサポートに問い合わせてみました。

プラン変更で懸念することは、現在設定している内容や、インストールしているソフト、MT4に設置した各EA、これらを再度構築し直す必要があるかどうかです。

あと、WIN-VPS.comのBRONZEプラン一覧表に記載されている「BRONZE 3」の月額相当額が$8だと早とちりして、「安い!変えたい!」と焦っていたのをサポートに諭されました。

その辺をサポートに確認してみた際のやり取りのキャプチャをリンクに置いておきます。

キャプチャ→プラン変更の際に設定をそのまま移せるか質問した際のやり取り

やり取りを要約すると、

私「BRONZE 3が月額$8だって!?めっちゃ安いしスペックも上がってる!今使ってるBORNZE 1から3にプラン変更したい!でもWindowsの設定ってそのまま移行できるの?」

サ「それはできないんだ。1から設定し直しだね。あと、ライセンス料が別途月額$5必要になったから、BRONZE 3なら年間$156だね。君が現在払ってる利用料より高くなるけど…それでもプラン変更したい?」

私「おっと!ライセンス料?!気付かなかったよ!それに設定を移行できなんだね。それはちょっと大変だな。今でも十分サクサク使えてるからまた今度にするよ。ごめんね忙しいとこ。」

という感じでした。

まとめ

という事で、以前より少し仕様が変更されています。

スペックと料金のバランスが良い具合に変更されている「BRONZE 2」か「BRONZE 3」の年払いプランは本当にお勧めです。

ぜひサイトにアクセスして内容を確認してみてください。

↓ ↓ ↓

logo_winvps

こちらのQ&A記事もご参考にどうぞ^^ → 【WIN-VPS.com】ご質問いただきました。

では^^

この記事を書いている人 - WRITER -
今までいろんな小遣い稼ぎを実践してきました。最終的にMT4でEAを稼働させる運用方法に落ち着きました。EAを自作したりもしています。気まぐれにサイトの更新が止まったりしますが、メッセージいただければかなり喜びます。よろしくお願いいたしまーす。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. […] miccoさんの更新記事にもありますように、プラン変更すると一から設定が必要とのことでしたので、思い切って価格が安くなる1年契約で申し込みました。 […]

  2. micco より:

    コメントありがとうございます。
    年払いプランが安いですし、記事中にも記載しているとおり途中で月払いから年払いにプラン変更する際にすごく面倒くさいことになりますので、良いご判断だと思います^^
    今後とも宜しくお願いいたします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© MT4でEAを使いたおす! , 2018 All Rights Reserved.